不動産屋のイメージは商売上手

不動産屋のイメージは商売上手

部屋探しをしているときは、不動産屋の前を通りがかったときつい足を止めて物件の情報をじっくりと見てしまいます。たいていの不動産屋は、店頭でかなりお得な相場になっている部屋を大々的に紹介してしまいます。その物件が気になって足を止めた時、そのまま入っていって交渉をするということも少なくないです。部屋探しをしていて気になっている人からすれば、物件の情報は興味津々です。その物件情報が外を歩いているときにパッと視界に飛び込んできたら、気にならないはずありません。つまり、物件の情報を店頭に掲示しているのは、不動産屋のとても上手い宣伝のやり方だと思います。

 

そして、さらに上手いと感じさせるのは、部屋探しの交渉についてです。最初に気になったのは店頭で紹介している物件のはずなのですが、気が付けばそれ以外にもいろいろと物件を紹介されます。最初に気になった物件よりもさらに魅力的な物件を紹介されたりすることが不動産屋と交渉しているときにはよくあり、いつの間にか違う物件にすっかり虜になっていたりします。不動産屋からすれば物件という名の手駒が充実しているので、それを徐々に紹介していくことで客をその気にさせています。そうなれば客は契約についてかなり前向きな気持ちになりますので、契約まではそう遠くありません。どこの不動産屋に決めるのか悩んでしまうこともありますが、自然の流れに身を任せることもあります。それは不動産屋が商売上手だからだと思います。

関連ページ

初めての引っ越しと初不動産屋
30歳を目前に、突然決めた一人暮らし。長年住み慣れた大阪を離れ東京の転職を勝手に決めて1ヶ月以内の引っ越しを余儀なくされた状態で、母親と共に東京へ向かい事前にネットで申し込んでいた不…
息子のアパート選びで不動産屋さんを利用しました
大学生になり一人暮らしをする事になった息子のアパートを探すために、大学の周辺にある不動産屋さんを回りました。ちょうど大学生がアパートを決める時期で、どの不動産屋さんも多くの人が訪れて混…
初めて不動産屋を利用するために知るべきこと。
マイホームを購入する時は信頼できる不動産屋を選ぶことが重要で、今後の生活のスタイルに合わせて最適な物件を選ぶと満足できます。初めて利用する場合は気軽に相談できるように準備し、必要…